気になった事を事細かに調べてまとめています

RIZAPで行っている方法は低炭水化物ダイエットではない?

2013年3月18日 [月] 15:26
diet_girl_body.jpg

当ブログで何度か紹介しているプライベートジム「RIZAP」。
先日、RIZAP体験者のブログの口コミまとめてみたという記事にて、「RIZAPとか怪しすぎでしょ!」とのコメントをいただきまして、色々と意見交換や情報交換をさせていただきました。
(情報は交換というより、一方的にいただいた感じですが)

その中で最も引っかかった点は「低炭水化物ダイエットでは脂肪だけでなく筋肉も消費されるからトレーニングしても無駄。筋肉は付かない。」という話です。
この話が本当であれば、RIZAPの行っているダイエット方法は何かおかしい、やはり何かが怪しい、ということになるので再度調べてみました。
また、その他にもRIZAPを調べていて個人的に気になった点についても少し述べてみたいと思います。

最初にちょっと言い訳w


今回、色々調べてみましたが、やはり知識があまりないのにネットだけを頼りに調べて考えて書いている記事なので、情報の正確さはあまり保障出来ません。
RIZAP(ライザップ)の食事についてまとめてみたの時は、ダイエット方法やダイエット理論の正しさまでは考えておらず、実際にRIZAPで行われている方法がどうなのか、を調べてまとめていただけなので大丈夫でした。

ですが、低炭水化物ダイエットって日本ではちょっと前に流行したダイエット方法で、現在でも手軽さや理論の分かりやすさから行っている人もいる様で、ネットで調べると多くの素人の方の意見や方法論が見つかります。しかし、低炭水化物ダイエットの理論を正しく理解している人は少ないで、矛盾する情報なども沢山見つかります。それらが正しいかどうか、危険かどうかを判断するのは中々難しいのです。

なので、参考程度に読んでいただければな、と思います。

正しい低炭水化物ダイエットの方法論


低炭水化物ダイエットが流行している理由の1つは、名前の通り炭水化物を減らすだけで痩せられる、という勘違いをしやすく、「それなら出来る!」と思ってしまう人がいるためだと思います。
「炭水化物は糖に変わるから、炭水化物を減らせば痩せれる」とか「炭水化物を取り過ぎると太るから、減らせば痩せる」とか思って、ご飯やパンを減らせば良いと思ってしまっている人が多いんだと思います。
ですが、正しい低炭水化物ダイエットの方法論や理論は少し異なる様です。

正しい低炭水化物ダイエットの方法を簡単に言うと、一時的に炭水化物の摂取量を極端に減らし、身体を痩せやすい状態にする、という方法の様です。

本来の低炭水化物ダイエットについての詳細をしっかり書いていると感じた記事をいくつか紹介しておきます。興味ある方だけ読んでみれば良いと思います。
(ただし、知識があって判断したのではなく、知識がないなりに読んでいてしっかりしていると感じたものです。)

正しく低炭水化物ダイエットを行っても筋肉は減るのか


そういう訳で、低炭水化物ダイエットにもしっかりとした方法論はある様です。「低炭水化物ダイエットは全て悪!」という事ではなく、目的や方法によっては正しいものもあると感じました。
しかし、その様な正しい低炭水化物ダイエットを行ったとしても筋肉は減ってしまうのかどうか。それが問題です。
個人的な結論は、「方法によっては筋肉をそれ程減らさない方法もある気がするが、RIZAPの方法では筋肉もだいぶ減ってしまう気がする」です。

色々調べていて思ったのは、低炭水化物ダイエットというのは脂肪を落とす為の食事制限の方法で、筋肉も落ちてしまう可能性を秘めている、ということです。なので、RIZAPは元来の低炭水化物ダイエットとは別の手法を行っているのではないか、という気がしてきました。

そう判断するに至った理由となる記事をいくつか紹介しておきます。

低炭水化物ダイエットと平行して激しい運動はしないのが普通


炭水化物抜きダイエットの誤解 - 正しいダイエットへの道 - Yahoo!ブログの記事中の「3.ローカーボダイエットを行う上での注意点」の「(3)アミノ酸の補給」に以下の様な記述があります。
また、ただでさえ糖質が不足して状態なんですから運動は厳禁です。

ここで紹介されているローカーボダイエットが、かなり元来の方法なのかもしれませんし、RIZAPの方法とは違うのかもしれませんが、とりあえず元来の低炭水化物ダイエットを行っている時に激しい運動はしないのが前提の様に思えます。

高たんぱく質は駄目っぽいよ?


筋肉について調べていて1つ発見したのは、「低炭水化物ダイエットをしていても、タンパク質をちゃんと取れば筋肉が減りにくい」、という説です。
参考:高たんぱく質でメリハリボディ

この説を信じれば、低炭水化物ダイエットを行っていても筋肉は減らさない事が可能だと考えられます。
しかし、低炭水化物ダイエット中に高タンパク質を取ると危険だ、という記事がいくつも見つかりました。

そんなわけで、RIZAPの理論は良く分からないw


以上、色々説明してきましたが、可能性としては以下の3つが考えられるのかな、と思っています。
  1. RIZAPの方法は低炭水化物ダイエット、かつ高タンパク質の手法なので危険
  2. RIZAPの方法は低炭水化物ダイエットに似ているが、別の手法である
  3. RIZAPの方法は低炭水化物ダイエットではなく、全く別の手法である
このどれの可能性が大きいのか、などは知識不足でちょっと判断しかねます。ごめんなさい。

低炭水化物ダイエットもRIZAPもそんなに筋肉は付かないっぽい


コメントで色々意見交換をしていた時に、「RIZAPの公式ホームページモニターの方々のページの写真を見れば、筋肉は全然付いてないの分かるでしょ。」と言われたのですが、そう言われればそうだな、と思いました。
まあダイエットジムであって、トレーニングジムではないので筋肉を付けることが目的ではないので別に良いんですけどね。
ですが、体験者の方々のブログを読んでトレーニングはかなり大変そうな印象を持っていたので、それでもこんなに筋肉が付かないなら本当に低炭水化物ダイエット中のトレーニングでは筋肉が付かないのかもな、とは思いました。

ちなみに、筋肉が減ったら太りやすい体質になってしまうというのは有名な話ですよね。なので、「筋肉が増えないのにどうして太りにくい体になるんだ!」と思う方もいるかもしれません。
ですが、元来の低炭水化物ダイエットの場合は血糖値などの値が変わることによって痩せやすい体になる、という理論なので、そのように筋肉だけじゃなく他の要素で太りにくい体になったりしている可能性もあるとは思います。
難しいですね^^;

気になる場合はスタッフさんに聞いてから申し込んで下さい


RIZAPに通ってダイエットをしてみようか悩んでいて「危険ならやめようかな」など気になっている方も多いと思います。
そういう方は、RIZAP(ライザップ)の無料カウンセリングなどで「RIZAPで行う方法は低炭水化物ダイエットと呼ばれる方法ですか?」と聞いてみて下さい。納得できたら通えば良いと思います。
かなり他人任せな結論になってしまって申し訳ないです。
もし実際に聞いて、何かしら返答をいただいた方がいたらコメントいただけると嬉しいですw

最後に


もし、なんで激しいトレーニングをしているのか、それをして大丈夫なのか、効果があるのか、という点について知ってる方がいたらコメントで教えてもらえると有り難いです!
※追記:コメント欄にフィットネストレーナーの方からコメントを頂きましたので、そちらも参考にして下さい。

また、低炭水化物ダイエットについて勘違いしている人も多いので「役に立った!」と感じたら、是非ツイッターなどでこの記事を友人などに教えていただけたらなと思います。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

コメント

6月27日 12:29
フィットネストレーナーです
こんにちは、栄養学とトレーニング理論が大好きなフィットネストレーナーです。得意な分野なので回答させていただきます。
①なぜ激しいトレーニングをするか
②大丈夫なのか
③効果があるのか

とありますが、まず、筋トレの目標は「筋肉量を増やす」ところにあります。筋肉量が増えれば1、代謝量が上がる(いわば体の馬力が上がるのでエネルギー消費量が上がる)2、スタイルアップ(筋肉の上の脂肪をつりあげます)できるからです。

ただ筋肉はおばあちゃんのリハビリのようなトレーニングをしていても増えません、(興味があれば”筋肥大”で調べてみてください)かなり重量の重い、激しいトレーニングが必要です。これが①の激しいトレーニングをなぜするかの答えです。②の大丈夫か?については僕も少し心配です。というのも、激しい筋トレは血中の糖分を必要とします。その回復時にタンパク質が必要なだけで、いわば「糖分を使って筋肉を適切に傷つけることができ、その傷をタンパク質で回復する」ということだからです。もし糖分のない状態で激しいトレーニングをすれば、集中力が持続せず、効果も薄い、ケガのおそれもあるとリスクが高いので、おそらくライザップさんもトレーニング前はスポドリや軽い軽食で炭水化物を摂らせていると思いますよ、もしなければかなりスポ根で理論もクソもないです(笑)

あと③の効果あるの?ってことですけど、ライザップのトレーニング期間は3か月でしたっけ?忘れましたが、人が筋肉が付くのに、運動になれた人でも3か月、慣れない人は約6か月かかると言われています。なんで少し期間が短いのがネックですね(まあ顧客のモチベーションを保てる限界が3か月くらいなので長くするのは難しいでしょうが(-_-;))

と、長くなってしまい申し訳ありません、少しでも「へー」と思っていただければ光栄です。もし何かあればstrawberry.b50@gmail.comまでお待ちしてます。
name:
text:
筆者:おーとえす
好きな物:メロンパン
RSS
@time_is_panacea
モバイル版RSS@time_is_panacea
QLOOK BLOG