気になった事を事細かに調べてまとめています

パナソニックの髭剃り『ラムダッシュ(ES-LT50)』が良い感じ

2013年2月7日 [木] 23:02
ラムダッシュ(es-lt50)_写真

もう4ヶ月も前に、髭剃りの選び方 ~初めて電動髭剃りを買ってみた~という記事を書きまして、色々髭剃りを買うために調べてまとめて、パナソニックのラムダッシュ ES-LT50に決めた後、こんな事を書いていました。
実際に、ラムダッシュ ES-LT50を使ってみた感想は、しばらく使ってみてから記事にしたいと思っています。まあ既に大量のレビューがあるのて必要ないかもですがw

4ヶ月も使ってからのレビューになってしまいましたが、ES-LT50を使ってみて思った事を色々書いていこうと思います。

音がでかい!


まず、ラムダッシュが届いて一番最初に使った時に思った事は「音でかっ!!」です。
前まではカミソリでしたから、無音でしたからね。(その為、他の髭剃りとは比較できないのですが。)
なんとなくのイメージとしては、ドライヤーくらいはうるさい気がします。まあドライヤーによっても音の大きさはまちまちだと思いますがw

そんな訳なので、(もしかしたら一般的な髭剃りと同じくらいの騒音なのかもですが、)音が大きいと家族が寝てる早朝に使うのは気が引ける、って方は注意しておいた方が良いです。

首振りはいらなかったかもw


今回購入したラムダッシュは、ラムダッシュの中でも全方位フロートヘッドと呼ばれる首振り機能が付いています。付いているんですが、首振りがしっかり機能する程、自分は押し当てずに使ってますし、それで十分な気がしています。
4ヶ月も使っていますが、途中の2ヶ月くらいは首振りはオフにして(横に付いてるスイッチでオフにできる)使っていましたしw

ラムダッシュ(es-lt50)_首振りロック1

これを「LOCK」にすれば首振りはしなくなる。

ラムダッシュ(es-lt50)_首振りロック2

そんな訳で、「首振りはあった方が良いかもなー」って首振りを知らずに思っている方はあまり期待しない方が良いかなと思います。(もし首振りありの髭剃りを使っていて気に入っているのであれば良いと思いますが。)

髭剃り負けは大丈夫だった


今回購入する時には、「カミソリ負けに苦しんだ事もあまりないから、肌へのダメージとかは良いから深剃りできる髭剃り!」って事で、ラムダッシュを購入しましたが、髭剃り負けは基本していません。
最初に使った時に、「もうちょっと深剃りできないのかな?」って思いながらだいぶ長い時間同じ箇所を剃ってたら若干痛くなりましたけど、4ヶ月普通に使っている分には髭剃り負けは1回もしていません。丈夫な人ならラムダッシュでも全く問題ない気がします。

やっぱりカミソリよりは深剃りじゃないのか?


購入時に「カミソリと電動髭剃りじゃ、刃が剥き出しのカミソリの方が深剃りできるに決まってる」っていう意見を読んで、「たしかになー。」って納得してしまっていたんですが、そんな事なかったです、多分。

あまりちゃんと比較してないですけど、多分カミソリよりちゃんと剃れてます。カミソリを使っていた頃はカミソリ負けを怖れて逆剃りをしていなかったので、それほど深剃りできていなかったのかもしれませんけどね。
でも、カミソリの順剃りと比較したら同じかそれ以上くらいラムダッシュは剃れる印象でした。最新家電は優秀でしたw

電池残量表示はありがたい!


ラムダッシュ(es-lt50)_残量表示
前回、この髭剃りを買うにあたり色々調べてみて、ラムダッシュ ES-LT20が良さそうだ、って事になって、その上位機種のES-LT50を購入するに至った訳です。
その理由の1つが電池残量表示だったんですが、やはりこれがあるのは便利ですね。

まあ、この機種は充電しながらでも使えるタイプではあるので、使う時に「電池切れてるっ!」ってなってもアダプタを刺して使えば良いだけなのでそれほど問題はないのかもしれませんが、電池残量の表示はあると便利です。
朝、髭剃って「あ、電池なくなりそうだから充電しなくちゃな。」って思っても忘れたりするんです。(自分だけかもですがw)
そんなタイプなので、充電サインしか表示されないタイプだと電池切れになりそうだなーって思いました。ES-LT50なら電池残量は5段階で表示されるので、40%くらいから「あー、充電しなきゃなー。」って思って充電したり、その時から忘れ続けても20%の時とかに「あ、さすがに充電しよ。」ってなるので電池切れで困ることはありませんでした。

ただ、1回フル充電したら2週間くらい使えるので、それほど心配しなくて良いのかもしれないですけどねw

スタンドもわりと便利


ラムダッシュ(es-lt50)_スタンド1
ES-LT20ではなく、ES-LT50にした理由のもうひとつ。スタンドがあること。
前回の記事でこんなことを書きました。
そんな訳で、「ラムダッシュ ES-LT20が一番良いな」と思いまして、少し調べてみたらその上位機種であるES-LT50も1万円以内でした。
違いは以下の3点。
  • 充電スタンドの有無
  • 色の違い
  • 電池残量の表示の有無
スタンドは無くても良かったんですが、電池残量の表示はあった方が便利かもなと思いました。
ちなみに今回はamazonで購入しようと考えているんですが、価格の差は約3000円です。

そんな訳だったんですが、電池残量と合わせれば3000円くらいの価値はあったかもなーって感じです。まあ、スタンドはそんなに便利って程でもないですが、スタンドなしで横向きだと置けないスペースにしまってあるので、割とスタンド便利だなーって感じです。割と、ですが。
一応全体の写メも貼っておきます。
ラムダッシュ(es-lt50)_スタンド2

ラムダッシュ(es-lt50)_スタンド3

掃除は雑だけど大丈夫っぽい


ラムダッシュ(es-lt50)_手入れ
自分はあまり髭が濃い方ではありません。なので、掃除はマメにしなくても大丈夫だろーと思って、普段は水で流してるだけですw
たまに、ハンドソープを使って洗浄して(ハンドソープを使って洗浄して良いって説明書に書いてある)、たまに付属のブラシで掃除するくらい。
それでも、ちゃんと使えてる気はしてます。厳密な話はちょっと分からないですが。

あと、オイル。専用オイルを刃の部分に付けてメンテナンスしろって説明書には書いてあるんですが、それも気が向いた時にしかしていないです。でも、今のところ問題はないと思っています。
掃除もオイルも週に1度とかそれ以下な気がしますが、多分大丈夫ですw 寿命は短かくなってるのかもですけどね^^;

結論、ラムダッシュにして良かった気がする


とまあ色々書いてきましたが、一応今のところラムダッシュにして良かったなと思っています。
ES-LT20が安くて人気みたいですが、電池残量分かるの便利ですね。ES-LT50にして良かったです。色が黒ってのも割と気に入ってます。

とりあえずそういう訳で、ラムダッシュ ES-LT50が良い感じですというレビューでした。
ラムダッシュ ES-LT50に限らず、首振りがどうとか、電池残量がどうとか、って話が髭剃りを選ぶ際の参考に少しでもなったら良いなと思います。

購入を考えてる人へ


最後に1つだけ。
amazonとかでES-LT50とかを購入しようとすると「クリーニング液もご一緒にどうですか。」的な感じになりますが、ES-LT50の場合はハンドソープで代用できるというのが公式の説明書に書いてありますから、ハンドソープを利用している人はクリーニング液なんて買う必要ないですよ。

ラムダッシュ(ES-LT50)


amazon:Panasonic ラムダッシュ 黒 ES-LT50-K
Panasonic ラムダッシュ 黒 ES-LT50-K
name:
text:
筆者:おーとえす
好きな物:メロンパン
RSS
@time_is_panacea
モバイル版RSS@time_is_panacea
QLOOK BLOG